ダイエットの根本的な考え方が間違っている?

ダイエットをしても体重や体脂肪が落ちない、すぐにリバウンドしてしまうという場合、基本的な考え方が間違えている可能性があります。
痩せたいと考えた時、食事の量を減らせば、その分、体に蓄積された脂肪が使われて痩せていくと考える人は少なくありません。
ですが、体はなにもしない状態であっても、呼吸や筋肉の動き等によって常にエネルギーが消費されています。
このエネルギーは生きていく上に欠かせないもので、摂取カロリーが、この基本的なエネルギー量を下回ると、体は今後、同じ状態になった場合でも問題なく体を維持できるように、体の筋肉量を減らし、日々の消費エネルギーを減らしていこうとします。
この何もしなくても必要になるエネルギー量が基礎代謝です。
食事制限を行う際、基礎代謝を下回らないようにしておけば問題はありませんが、基礎代謝を下回る程、極端な食事制限を行うと、元々の基礎代謝よりも更に、基礎代謝が下がった状態になり、少ないエネルギーで動く体へと変わっていきます。
すると、同じ食事であっても、カロリー消費が少なく、太りやすい状態になり、リバウンドしやすい体になります。
その為、極端な食事制限で行うダイエットは、痩せにくい体を作るだけでなく、リバウンドしやすい体を作ってしまう原因になります。
この状態を回避する為に有効なのが、基礎代謝量以上の食事を意識する事、そして体の筋肉をつけ、有酸素運動を行っていく事です。
体に筋肉をつければ、それだけ基礎代謝が高く痩せやすい体になります。
そして、その状態で有酸素運動を行えば、効率的に脂肪を燃焼させていく事が出来るだけでなく、ダイエット後に、リバウンドしにくい体を作っていく事が出来ます。

ページの先頭へ戻る